より良いエンジニアを目指して

記事を頻繁に書き直す性格なのでごめんなさい。

とにかくトライGoogle Cloud Platform!って試してみたのはGoogle Compute Engine

Google Cloud Next'19に参加したところで、とにかくGCPを触りたいという欲求を以下の記事が満たしてくれました。

qiita.com

AIやりたいみたいな素人なノリですが、GCPと一口に言ってみてもいくつもサービスがあります。

この記事で紹介されているのはGoogle Cloud Platformの無料枠を使って、Google Compute Engineで仮想マシンVMインスタンス)を作成し、安全なSSH接続を確立する方法です。

cloud.google.com

f:id:rimever:20190812131230p:plain
メモリ614MB。小さっ。

どこまで無料枠なんだ?

先ほどのQiitaのページを参照すればOKなのですが、以下の公式ドキュメントにまとめられています。

cloud.google.com

Google Cloud Next'19のあるセッションでも言っていましたが、公式ドキュメントを読むのは大事ですね。

つまづいたところ

Google Cloud SDKのインストール。

Google Cloud SDK のドキュメント  |  Cloud SDK  |  Google Cloud

ただ、yを入力しているだけではダメです。

英語をきちんと読まないと、インストールできません。

セキュリティ

インスタンス作成後、認証ログを確認すると、すぐに外国から不正アクセスを試みようとしている兆候が確認できました。

さらっと、こういうこと書いてありますね。セキュリティは他人事じゃないですね。

課金アラート、Googleアカウントの二段階認証などの導入をしっかり設定しておかないとやばいですね。

Windows Serverは?

f:id:rimever:20190812122716p:plain
選べるが、「選択」ボタンはクリックできない。

プレミアムイメージなので無料枠では選択できません。

他にもSQL ServerRHELも同様です。