より良いエンジニアを目指して

1日1つ。良くなる!上手くなる!

退職したので企業型DCからiDeCoへ移管したが、時間かかった

前職を退職してから、すんなりいかなかったのが企業型DC(企業型確定拠出年金)です。

転職先も企業型DCを扱っていれば、転職先の企業の企業型DCに入ることになりますが、そうでない場合は、個人型DC(iDeCo)に加入することになります。

加入者資格喪失日(退職日の翌日)の翌月から5ヶ月以内に移管する必要があります。

私はぼんやりしてました。

こういう投資とか興味ないんですよね。考えた方がいいんですが、考えること、気にすることが増えて困るので。

期限切れになると自動移管の状態になり、手数料がかかるようになります。積み立てたお金が返ってくる訳でもないです。

いずれにせよ、手続きが必要です。

会社の同僚に相談し、勧められた機関を選択して手続き依頼を出しました。

私のような企業型DCからのiDecoへ移管の人間向けの申請も扱ってます。

あとは申請に従って資料を書くことになります。会社に資料を書いてもらうようなこともしなければなりません。

給料から引き落としてくれると楽だと思っていたのですが、会社が扱っていないため、自分の口座から個人支払でした。

こうした制約もあるため、会社にも確認した方が良いです。手間ですね。

それからiDecoの機関に申請が通るのを待つことになります。ここでも一ヶ月くらい待たされました。

その後、確定拠出年金の資料やらiDecoの機関の資料やらが、パラパラとやってきて、これらが揃ってWebサイトで資産が確認できるようになって完了でした。

転職してから5ヶ月弱の出来事でした。

手間ですが退職したら企業型 DCの移管は早めにしましょう。

DCの運用について

今の国民年金が問題になっていますが、iDeCoについても正直、先のことなのでわからんです。

結局、払えませんでしたーとなったりしないでしょうか。

ともあれ、iDeCoは掛金は全額所得控除となり、所得税と住民税の負担が軽減されるという免税対象なので利用してます。

企業型DCという形で強制的に会社から入会させられてしまったので。

投資方針としては目一杯ハイリスクハイリターンの海外の株にしてます。

長期的な期間で見れば全体的な株は高くなるという見通し、というのを本で読んだのでそうしてます。

それもどうなんでしょうね。資本主義の限界がちらほらみえ隠れしてる気がしますし。

www.money-seminar.jp