より良いエンジニアを目指して

記事を頻繁に書き直す性格なのでごめんなさい。

Xamarinなら自動プロビジョニング

Xamarinの小ネタを紹介します。

何も考えずにiOSプロジェクトを実行しようとすると、「Could not find any available provisioning profiles for iOS.」

f:id:rimever:20190310214045p:plain

となってしまいます。

Xamarinを趣味で嗜む程度ならば、自動プロビジョニングで良いかと思います。

docs.microsoft.com

ただ、下記のようなトラブルに陥りました。

forums.xamarin.com

適当にAppIDを整理して、再度自動プロビジョニングをしたら成功しました。

iOSは様々な仕組みがあって難しいですね。